メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

政策課題/下 進む働き方改革 収益増直結の企業も /広島

従業員が気軽に会話できるよう、本部は吹き抜けスペースにした。これも働き方改革の一環だ=広島市中区のマエダハウジングで、元田禎撮影

 住宅リフォームや新築住宅の設計などを手掛ける「マエダハウジング」(中区)は、1993年1月に前田政登己社長(53)が1人で創業した。「民家を1軒1軒回り、玄関のインターホンを押し続けた。朝から晩まで仕事だったので『働き方改革』とは縁遠かった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです