メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
元徴用工訴訟

韓国、仲裁委を拒否 回答期限切れ

 韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決を巡り、韓国外務省報道官は18日、日本政府が日韓請求権協定に基づいて要請した「仲裁委員会」の設置に応じない方針を示した。18日中が回答期限。請求権協定は締約国が仲裁委に応じない場合、次の手続きを定めておらず、問題解決の道筋はさらに見通せなくなった。

 回答期限は「30日以内」と明記されており、18日中が期限だった。西村康稔官房副長官は同日午前の記者会見で「韓国政府は期限までに仲裁に応じる義務を負っており、応じるよう引き続き強く求めたい」と呼びかけ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです