メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…

[PR]

 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを今多くの人が知るのはNHKの朝ドラ「なつぞら」のおかげだろう。主人公なつは原画、動画の作画に携わるアニメーターである▲京都アニメーションは1980年代に仕上げ専門会社として発足したという。ほどなく作画部門を設立、やがて演出から撮影まで手がける制作会社になった。「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱」「けいおん!」などのヒット作はここから生まれた▲そのスタジオを襲った痛恨の惨事である。このニュースに常にもまして胸が苦しくなるのは、ドラマのおかげでそこで働いていた人々のイメージがくり返し頭をよぎるからだろう。とりわけアニメに自らの夢をかけた若者たちである▲この京都市伏見区の京アニ第1スタジオには約70人が働いていた。そこに侵入した男がガソリンのようなものをまいて放火、3階建ての建物は爆発的に炎上したという。屋内にいた人は多くが逃げる時間も場所もなく、犠牲となった▲こんな非道をなしうるのは、いったいどんな悪意なのか。日本アニメを代表する制作元の事件だけに英BBCなど海外メディアもすぐに報道し、ソーシャルメディアでは英語、中国語などでファンの追悼や祈り、励ましが飛び交った▲よく過酷な労働環境がとりざたされるアニメ制作だが、その中にあって世界中の人々の心をとらえてきた才能と志、そして若い作り手らの夢である。このすべてが突然に断ち切られた理不尽(りふじん)がただ悲しい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです