連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

旅の終わり、ナポリに寄る=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熱暑、酷暑--。6月の欧州はどんな表現も追いつかないほどの暑さだったようだ。6月末から20日間ほど欧州各地を回ったが、7月になる頃には暑いにしても、湿気が少なく過ごしやすくなっていた。

 最後に訪問したイタリアの経済情勢は、欧州連合(EU)などから危惧されているが、ミラノを中核とする北部は順調で、7%を超える成長を確保している。一方で、足を引っ張っているのが南イタリアだ。

 南イタリアの大都市ナポリは、スリやひったくり、集団に囲まれて身ぐるみはがされる、そんな評判が定着しているのだが、そんなことはないとナポリの知人に叱られた。一方、ミラノなど北イタリアの人たちは、過度に南部のマイナス面を誇張する。「先日も、日本の商社の方が父親の形見のロレックスをはぎ取られたと評判でしたよ」と。ナポリの知人は、「場所もわきまえず、父親の形見ほどの大事な腕時計を見せつけるように身に着け…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文717文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集