2019参院選

「高」「低」投票率のまちから 識者に聞く 国際医療福祉大・川上和久教授/選挙プランナー・松田馨氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際医療福祉大の川上和久教授=尾籠章裕撮影
国際医療福祉大の川上和久教授=尾籠章裕撮影

 参院選の投開票日が、2日後に迫った。総務省によると、14日までの期日前投票者は、投票率が54・70%(選挙区)だった前回2016年参院選と、ほぼ同水準になっている。投票率の「高」「低」を分ける要因は何か。2人の識者に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1347文字)

あわせて読みたい