メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

渡辺利綱さん=避難指示解除で8年ぶりに帰還した福島県大熊町長

渡辺利綱さん

 東京電力福島第1原発の立地町として初めて町の一部の避難指示が4月に解除された。「太平洋や阿武隈の稜線(りょうせん)に囲まれた大熊の原風景を五感で感じている」。8年ぶりの帰還をかみしめながら、水田を埋め立てた土地に新築された役場庁舎で、復興と再生へ向けた町づくりの陣頭指揮を執る。

 原発事故後、大熊町は約100キロ内陸の福島県会津若松市に、役場ごと避難を余儀なくされた。2014年の田村市都路(みやこじ)地区を皮切りに、近隣の市町村で住民の帰還が始まると、町民から「なんでうちの町はできねんだ」という声も上がった。だが「王道も特効薬もない。一歩…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです