メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「義足」のレーム、出場断念へ

 パラリンピックのスターで、来年の東京大会で男子走り幅跳び(義足T64)3連覇を狙うマルクス・レーム(ドイツ)が18日、参加への道を探っていた東京五輪の出場を断念する意向を示した。東京都内で取材に応じ「現実的ではなく、とても難しい状況」と述べた。

 カーボン製の義足を用い「ブレード・ジャンパー」の異名…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです