沖縄防衛局のサンゴ移植申請 沖縄県が判断先送りへ 辺野古移設

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
定例記者会見で特別採捕許可の判断先送りを発表する沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2019年7月19日午前10時51分、遠藤孝康撮影
定例記者会見で特別採捕許可の判断先送りを発表する沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2019年7月19日午前10時51分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、国を提訴した沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は19日、防衛省沖縄防衛局が埋め立て予定海域のサンゴを移植するため県に申請した特別採捕許可について、訴訟の判決が確定するまでは、許可・不許可の判断を先送りする考えを示した。

 県は17日、県による埋め立て承認撤回処分を取り消した国土交通相の裁決を不服として、国を相手取…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集