メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーイング、737運航停止で補償費用49億ドル計上

エチオピア航空のボーイング737MAX8=2018年11月撮影、AP

 米航空機大手ボーイングは18日、墜落事故を起こした新型旅客機「737MAX」の世界的な運航停止に伴い、航空会社の欠航や納入遅延に伴う補償費用として49億ドル(約5300億円)を計上すると発表した。2019年4~6月期決算に一括計上する。

 737MAXは昨年10月にインドネシアで、今年3月にエチオピアで墜落事故を起こし、各国の航空当局が3月に運航停止を命令。運航中の約370機が運航を停…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  5. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです