メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーイング、737運航停止で補償費用49億ドル計上

エチオピア航空のボーイング737MAX8=2018年11月撮影、AP

 米航空機大手ボーイングは18日、墜落事故を起こした新型旅客機「737MAX」の世界的な運航停止に伴い、航空会社の欠航や納入遅延に伴う補償費用として49億ドル(約5300億円)を計上すると発表した。2019年4~6月期決算に一括計上する。

 737MAXは昨年10月にインドネシアで、今年3月にエチオピアで墜落事故を起こし、各国の航空当局が3月に運航停止を命令。運航中の約370機が運航を停…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです