河野外相「極めて無礼」韓国大使呼び強く抗議 徴用工仲裁委問題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
韓国の南官杓駐日大使を外務省に呼び出し、元徴用工問題で強く抗議する河野太郎外相=2019年7月19日午前10時26分、秋山信一撮影
韓国の南官杓駐日大使を外務省に呼び出し、元徴用工問題で強く抗議する河野太郎外相=2019年7月19日午前10時26分、秋山信一撮影

 韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決を巡り、河野太郎外相は19日、韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使を外務省に呼び、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に韓国側が応じなかったことについて「非常に残念に思う」と抗議した。また「韓国政府が国際法違反の状態を野放しにせず、ただちに是正措置をとることを強く求める」と述べた。

 南氏は、6月に日韓の企業が資金を拠出して財団を設立し、元徴用工に補償する案を提示したことを念頭に「韓国政府の努力の一環として日本側に韓国側の構想を伝えている」と述べた。これに対し、河野氏は韓国側通訳が南氏の発言を日本語で説明するのを「ちょっと待ってください」とさえぎり、「韓国側の提案は全く受け入れられるものではないことは以前にお伝えしている。それを知らないフリをして改めて提案するのは極めて無礼だ…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文558文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集