メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…

元徴用工問題を巡って、韓国の南官杓駐日大使を外務省に呼び出し、抗議する河野太郎外相=2019年7月19日午前10時26分、秋山信一撮影

 「極めて無礼」。河野太郎外相が19日、元徴用工問題を巡り、韓国の南官杓駐日大使を外務省に呼んだ際、韓国側の発言を遮って怒りをあらわにする一幕があった。メディアに公開される面会の冒頭部分で、相手の発言を遮るのは異例だ。あえて儀礼にそぐわない形で抗議した河野氏。その「怒気」には1カ月前の伏線があった。

 19日午前10時過ぎ。韓国が日韓請求権協定に基づく「仲裁委員会」の設置に応じなかったことを受けて呼び出された南氏は、外務省大臣接見室で待たされていた。遅れて入室した河野氏は、南氏から差し出された手を握り「おはようございます」と和やかに切り出したが、その後は一変。厳しい表情で抗議し、南氏はその間、時折、うなずくものの目は合わせなかった。

 南氏の発言の番になり、対照的に南氏を見据える河野氏。緊張感が高まる中、南氏が、日韓の企業が資金を拠…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1203文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです