国内初のベニザケ海面養殖なるか 根室で実証実験

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
いけすに移されるベニザケの稚魚=根室市の根室港内で2019年7月18日12時13分、本間浩昭撮影
いけすに移されるベニザケの稚魚=根室市の根室港内で2019年7月18日12時13分、本間浩昭撮影

 北海道根室市内の4漁協と市で作る「根室市ベニザケ養殖協議会」は18日、国内初のベニザケの海面養殖を目指して同市の根室港内で出荷可能なサイズまで育てる実証試験を開始した。ベニザケは2016年にロシアの排他的経済水域(EEZ)での流し網漁が禁止されて大きな打撃を受けたため、養殖事業化を試みる。

 この日、委託先の標津サーモン科学館(標…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集