メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

京アニ放火 海外からも支援の動き 米配給会社が支援金、中国動画サイトも追悼

現場近くに供えられた花束とアニメのキーホルダー=京都市伏見区で2019年7月19日午前7時47分、川平愛撮影

 京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた放火事件を受け、海外でも犠牲者を悼み、支援する動きが出ている。米アニメ配給会社「センタイフィルムワークス」は、支援金を募るためにインターネットのクラウドファンディングを開始。18日夜(日本時間19日朝)現在で目標額の75万ドルを大きく上回り100万ドル(約1億700万円)を超えた。

 同社は18日未明に「私たちの心と思いは京都アニメーションと共にある」とツイートし、支援を呼びかけた…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです