メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多駅名物「不便なエスカレーター」解消へ 年度内に着工

地上にたどりつく手前でいきなり途切れるエスカレーター=福岡市博多区の博多駅で2019年7月8日午後5時半、杣谷健太撮影

 重い荷物を抱える観光客や市民らを苦しめてきた、上り切る前に途切れてしまう博多駅(福岡市博多区)筑紫口側のエスカレーターが、来年度にもつながりそうだ。地下鉄と地上のJR駅を結ぶ主要経路でありながら30年以上放置されてきたが、今年度中には「全線開通」に向けた工事が始まる予定だ。

 市地下鉄博多駅の筑紫改札口を出ると、全49段のうち、踊り場までの31段分は上りエスカレーターが1基あるが、その先は階段しかない。踊り場で一度、スーツケースを持ち直して階段を上った山口市の男性(68)は「いきなり階段になってびっくりした」と苦笑。「なんでここは階段なん」と漏らしながら、重そうなスーツケースを抱えるように上る女性の姿もあった。

 市交通局によると、踊り場から上はJR西日本、下は市交通局が所有。1985年の地下鉄博多駅開業時に、…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文1002文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです