メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「天気の子」の世界最速上映に新海監督登場 「新海作品で今作が一番」「涙止まらない」

映画「天気の子」のポスター=(c)2019「天気の子」製作委員会

 新海誠監督の新作アニメーション映画「天気の子」の“世界最速上映”が19日未明、東京・新宿の「TOHOシネマズ新宿」と大阪・梅田の「TOHOシネマズ梅田」の2カ所であった。新海監督にとって大ヒットした「君の名は。」から3年ぶりの新作を、抽選で選ばれたファン計2200人が19日日中の全国公開を前に、一足早く楽しんだ。事前の試写会は一切なし、「見終えた後、人それぞれ意見が割れる結末になっている」と新海監督が話していた新作は一体どのようなものだったのか。東京の上映の模様をリポートする。【井上知大】

 この日の東京は雨が降って蒸し暑い、梅雨まっただ中の天気。それでも、上映直前の18日午後11時半には抽選で選ばれたファン1200人が行列を作っていた。千葉県柏市の大学生、南康太さん(19)は、2016年の前作「君の名は。」を見たのがきっかけで、新海監督のファンになった。「どの作品も登場人物の心の動きが繊細に描かれていて好き」と話した。一緒に来た同級生の吉田彩華さん(19)は、主題歌や劇中歌を手がけ…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1714文字)

井上知大

2013年入社。静岡支局を経て18年から学芸部。テレビ、ラジオなど放送分野に続き、19年からは映画を担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです