メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「天気の子」の世界最速上映に新海監督登場 「新海作品で今作が一番」「涙止まらない」

映画「天気の子」のポスター=(c)2019「天気の子」製作委員会

 新海誠監督の新作アニメーション映画「天気の子」の“世界最速上映”が19日未明、東京・新宿の「TOHOシネマズ新宿」と大阪・梅田の「TOHOシネマズ梅田」の2カ所であった。新海監督にとって大ヒットした「君の名は。」から3年ぶりの新作を、抽選で選ばれたファン計2200人が19日日中の全国公開を前に、一足早く楽しんだ。事前の試写会は一切なし、「見終えた後、人それぞれ意見が割れる結末になっている」と新海監督が話していた新作は一体どのようなものだったのか。東京の上映の模様をリポートする。【井上知大】

 この日の東京は雨が降って蒸し暑い、梅雨まっただ中の天気。それでも、上映直前の18日午後11時半には…

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1714文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井上知大

2013年入社。静岡支局を経て18年から学芸部。テレビ、ラジオなど放送分野に続き、19年からは映画を担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです