メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

炎と煙、一気に広がる? 外階段なく逃げ場失ったか 京アニ火災

爆燃現象のイメージ

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオに男が火を放ち、33人が死亡した事件で、男が火を放った直後に炎と煙が一気に広がり、被害拡大につながったとみられることが、京都府警などへの取材で判明した。可燃性の高いガスが建物内に充満し、爆発的に燃焼する「爆燃現象」が起きた可能性がある。また、死者の6割近い19人は3階から屋上に通じる階段で発見された。建物には避難用の外階段はなく、瞬時のことに逃げ場を失ったとみられ、府警と市消防局は19日午前、現場検証を始め、詳しく調べている。

 市消防局などによると、建物は鉄骨3階建て延べ約690平方メートルで、2007年10月に新築された。…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文962文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです