メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

創作和食で恩返し 東日本大震災で宮城から鳥取移住の男性、文化財活用で新店

オープンした「創作味処そろそろ」と神山孝光さん。国登録有形文化財を利用している=鳥取市鹿野町鹿野の熊谷家住宅で、阿部絢美撮影

 東日本大震災を機に、宮城県石巻市から鳥取市内へ移住した和食店経営、神山孝光さん(59)が新たな店舗を今月オープンした。場所は市郊外の鹿野町。国登録有形文化財「熊谷家住宅」を活用した創作和食店で「目でもお腹でも満足してもらえる、そんな空間をつくりたい」と意気込んでいる。【阿部絢美】

 すし割烹(かっぽう)店を営んでいた神山さんは2011年の震災で自宅兼店舗を失い、行く先も定まらないまま一家で西へと避難を続けた。たまたま立ち寄った湯梨浜町の旅館の関係者に声を掛けられて鳥取市内の県営住宅に身を寄せることになった。

 市臨時職員として1年務めた後、12年9月から県庁近くの和食店「権現庵」の厨房(ちゅうぼう)に立った…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文908文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです