メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

手作り出品「自分の趣味を誰かのために」フリマアプリでつながるシニア

着物をリメークした手作り品をメルカリで出品している内藤文子さん。自宅の居間には、製作中のパンツスーツが並んでいた=甲府市川田町で2019年6月1日午後4時11分、宮崎稔樹撮影

 インターネットのフリーマーケット(フリマ)アプリを通して、社会とのつながりを感じるシニア世代が増えている。出品した手作り品に買い手が付き、交流が生まれる中で、「必要とされる喜び」や「新たな生きがい」を感じる人が多いという。フリマ会社側も、利用者層の広がりに期待を寄せている。

 バッグやつぼにイヤリング……。多彩な品物があふれるフリマアプリで、ひときわ目を引くのが手作り品の数々だ。甲府市の元公務員、内藤文子さん(70)は出品者の一人。約1年前にフリマアプリ「メルカリ」に手作り品を出し始めてから、19点を売った。趣味の洋裁の腕を生かして着物からリメークしたふくさや、手提げかばん、パンツスーツが人気だという。

 メルカリを始めたのは、東京で暮らす次女の勧めがきっかけだ。当初は身の回りの物を出品していたが、「自…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1609文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです