メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

宮迫博之さん

 吉本興業は19日、宮迫博之さんとの契約解消を発表した。宮迫さんら吉本興業所属芸人の今回の不祥事で、宮迫さんが金銭を受け取っていたのにもかかわらず、当初「ギャラは受け取っていない」とウソをついてしまったことは、「闇営業」というネガティブな言葉も相まって大きな批判を浴び、宮迫さんらが謹慎処分となっても沈静化する気配すらみられなかった。

 そして吉本は、反社会的勢力との関係断絶などを求める「共同確認書」を全芸人と交わすなど、マネジメント業務の見直しなどを迫られる事態となった。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです