メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖武天皇時代の後殿と脇殿か 奈良・宮滝遺跡で「吉野宮」の建物跡確認

吉野宮の後殿とみられる建物跡が見つかった調査区=奈良県吉野町宮滝の宮滝遺跡で2019年3月25日午前9時16分、藤原弘撮影

 奈良時代に聖武天皇(在位724~749年)が滞在した吉野宮(離宮)跡とされる奈良県吉野町の宮滝遺跡の発掘調査で、町と県立橿原考古学研究所(橿考研)は19日、正殿とみられる大型建物跡に付随する二つの建物跡を確認したと発表した。コンパクトながら都城の内裏を模した計画的な建物配置で、専門家は「吉野宮が本格的な離宮で、天皇家にとって特別な場所だったと裏付けられた」としている。

 同遺跡では2017年度の調査で、正殿とみられる大型建物跡(縦9.6メートル、横23.7メートル)が出土した。今年1月以降、約305平方メートルを調査。柱穴の位置などから、正殿の北側に後殿(推定縦6メートル、横16・2メートル)が、また南西側に脇殿(同縦5・4メートル、横16・2メートル)があったとみられることが判明した。脇殿は1985年度の調査で見つかった正殿南東側の建物と左右対称とみられる。ま…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです