特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

宮崎・早野論文 調査委は「違反・過失認定できず」と発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
廃炉作業が進められている福島第1原発の(右から)1~4号機。奥は汚染水貯蔵タンク=福島県大熊町で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影
廃炉作業が進められている福島第1原発の(右から)1~4号機。奥は汚染水貯蔵タンク=福島県大熊町で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 東京電力福島第1原発事故後の福島県伊達市住民の被ばくデータが本人の同意のないまま論文2本に使われた問題で、福島県立医科大と東京大は19日、国の倫理指針違反や不正はなかったなどとする調査結果を発表した。論文は、早野龍五・東大名誉教授と宮崎真・福島県立医大講師の共著で、2017年に英科学誌に掲載された。

 同意のない約2万7000人分のデータ使用は倫理指針に違反し、一部の図に研究不正の疑いもあるとして、住民が対応を申し立てていた。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文791文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集