メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・平城京跡の邸宅 有力貴族の屋敷か 敷地6万1000平方メートル

広大な「4町宅地」と確認された平城京の貴族の屋敷跡=奈良市法華寺町の奈良市立一条高校で2019年7月、大川泰弘撮影

 平城京左京に当たる奈良市法華寺町の市立一条高校の敷地にあった奈良時代の貴族の屋敷が、4町分(約6万1000平方メートル)の広大なものだったことが分かった。同市教委が19日発表した。左大臣・長屋王の屋敷と同規模で、場所は藤原不比等邸宅の約150メートル東の一等地。所有者の特定につながる木簡などは見つかっていないが、相当に有力な貴族の屋敷だったとみられる。

 敷地は「田」の文字のように正方形の「町」が4区画並んでいる。調査では、南側2町の境界南端部を発掘して行い、7棟分の掘っ立て柱建物の柱穴と、東西に走る塀の遺構が見つかった。うち建物3棟と塀の遺構が、区画道路「坊間小路」に相当する場所と重なっていたことから区画道路はなかったと判断した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです