メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ともに・2020

1964東京パラの通訳が再結集「来年出場する外国人選手も、もてなしたい」

「ミニお茶セミナー」でパラアスリート、石原正治さん(右)の話に耳を傾ける参加者たち=東京都内で2019年7月6日、山田奈緒撮影

 1964年の東京パラリンピックで活躍した元通訳ボランティアたちが、来年の東京大会を前に「64語学奉仕団のレガシーを伝える会」を結成し、国内のパラアスリートや来日する外国人障害者との交流を深めている。会員は「来年出場する外国人選手も、もてなしたい」と意気込む。

 来年のパラでは、大会組織委員会が通訳ボランティアを集めるが、64年は日本赤十字社が大学生を集めた「語学奉仕団」が活躍した。当時のメンバーの有志が昨夏に再結集し、同会を設立。約20人の会員で活動している。

 今月6日には、64年に競技会場の受付などで通訳を務めた同会理事の郡司強三(きょうぞう)さん(75)…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1044文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです