メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
南光の「偏愛」コレクション

宮本輝さんに聞く「創作の秘密」

「流転の海」について話す桂南光さん(左)と作家の宮本輝さん=兵庫県伊丹市で、梅田麻衣子撮影

 桂南光さんは、『錦繡(きんしゅう)』や『草原の椅子』など宮本輝作品の愛読者。中でも、昨年完結した大河小説『流転の海』シリーズ(全9巻、新潮社)は、主人公・松坂熊吾との別れがつらくて最終巻を手に取るのをためらうほど、物語の世界に入り込んだといいます。同シリーズをはじめ、読む者を引き込まずにはおかない宮本文学の世界はどのようにして生み出されているのか。創作の秘密に触れるべく、兵庫県伊丹市にある宮本輝さんの自宅を訪ねました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り7206文字(全文7427文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです