メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幕下が面白い

「ああ、終わったな」納谷は3勝4敗で場所終了 幕下優勝は千代ノ皇

靏林を破り、7戦全勝で幕下優勝を決めた千代ノ皇(左)=名古屋市のドルフィンズアリーナで2019年7月19日午後2時25分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲名古屋場所13日目(19日・ドルフィンズアリーナ)で、“昭和の大横綱”大鵬の孫、西幕下6枚目の納谷(19)は今場所最後の7番相撲に臨み、十両経験者で東2枚目の大成道(26)に勝ち、3勝4敗で2度目の名古屋場所を終えた。

 前日に4敗目を喫して負け越しが決まったとはいえ、勝てば十両昇進の対象となる15枚目以内の残留が確実になる一番。十両在位3場所の相手を辛抱強く突っ張って押し倒した。納谷は「引かないで我慢できたのが良かった」と、目指す相撲を最後に取れたことを満足げに振り返った。

 負け越しから相撲を取るのは昨年初場所の初土俵から初の経験だった。前回の負け越しは東60枚目だった昨…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです