メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳世界選手権報道官 東京五輪で南北合同チーム結成に期待

東京五輪への思いを語る成百柔報道官=韓国・光州で2019年7月18日、宮武祐希撮影

 韓国・光州で開かれている水泳の世界選手権に北朝鮮は選手を派遣していない。1980年に民主化を求める市民と軍が衝突した「光州事件」が起きた、この地を舞台に「Dive into PEACE(平和の波の中へ)」を大会スローガンに掲げて参加を呼びかけたが実らなかった。

 北朝鮮は前回2017年ブダペスト大会に参加し、女子シンクロ高飛び込みで銀、混合シンクロ高飛び込みで銅メダルを獲得していた。今大会では、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が「南北が合同チームを結成することを期待する」と語り、水球での合同チーム結成も…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです