メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

履き替え時は注意が必要! 自動ブレーキ付きのクルマはタイヤのグリップが重要

情報提供:カートップ

履き替え時は注意が必要! 自動ブレーキ付きのクルマはタイヤのグリップが重要

タイヤを替えると性能に差が出てしまうことも

 高齢ドライバーの事故防止の観点から、一般メディアなどでは「自動ブレーキ」と呼ばれる機能に注目が集まっています。自動車業界的には「衝突被害軽減ブレーキ」、英語ではAutonomous Emergency Brake(AEB)といいます。

 自動ブレーキというと常にクルマにブレーキングを任せておけるイメージですが、実際にはブレーキを踏むべき状況でドライバーが正しくブレーキを踏んでいないときにクルマが自動的にブレーキをかけるという緊急時だけに作動する機能です。ですから、AEB付きのクルマに乗っていても、一度もそのお世話にならないドライバーも少なからずいるはずです。

自動ブレーキ

 AEBの性能はさまざまで、歩行者検知能力の有無などもありますし、また作動する速度域にも違いがあります。センサーによっては車高を変えるカスタマイズによってAEBの性能に影響が出るといわれています。

 では、タイヤを替えた場合、衝突被害軽減性能に変化はあるのでしょうか。その答えはイエスです。タイヤは銘柄によって路面をつかむグリップ力が異なります。車両側でブレーキをかけたとしてもタイヤと路面の間にある摩擦力以上の制動性能を生み出すことはできません。

自動ブレーキ

 ですから、経年劣化などでタイヤが傷んでくると新車時よりも制動距離(停止までに必要な距離)は伸びていきますし、またグリップ力の低いタイヤに替えたりするとAEBが作動しても止まり切れないということが起きてしまいます。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです