メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

サザンオールスターズ 音楽の自由、ここに至れり

撮影:西槇太一

 <楽庫(らっこ)>

 この選曲は何だ。打ちのめされるように引き込まれていったのは、「東京VICTORY」でドーム中が歓喜の雄たけびの声を上げて始まったコンサートの中盤だった。

 “歴史の闇に埋もれ時に弄(もてあそ)ばれて今ここに生まれ変わるよ”と歌われる原由子ボーカルの「北鎌倉の思い出」を皮切りに「古戦場で濡れん坊は昭和のHero」「JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)」。それぞれの曲の中の「洋」と「和」。万葉言葉と言うのだろうか。日常生活で使われることもなくなった古文調の歌詞がジャズやレゲエのうねるような演奏に溶け合っている。

 サザンオールスターズの最大の功績は、戦後の音楽ファンの中にあった「洋楽の呪縛」を解き放ったことだと…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文692文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです