メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写scene

年経る駅舎、笑顔の花 岡山・津山

美作滝尾駅で談笑する子どもたち=岡山県津山市で、望月亮一撮影

 タイムスリップしたような昔ながらの木造駅舎に、小学生のおしゃべりの声が響く。岡山県北部を走るJR因美線の美作滝尾駅(同県津山市)は1928(昭和3)年の開業時の姿を今にとどめる。待合室には木のベンチ、黒板の「手荷物小荷物貨物取扱所」の文字が往時をしのばせる。

 1~2両編成のディーゼルカーが1日に上…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです