メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニュースアップ

在米日本人女性が自閉症アプリ あなたの「声」を聴きたくて=科学環境部・根本毅

(左から)久保由美さんと渡さん、香穂さん。渡さんは数学が得意で、進学した大学で単位を取得し、表彰された=2016年5月、久保さん提供

 自閉症などで、思いを言葉で伝えることが難しい人のためのアプリがある。「Voice4u(ボイスフォーユー)」。スマートフォンの画面の「クッキー」や「寒い」などを表現した絵をタッチすると、その言葉を話してくれる仕組みだ。日本人が米国で10年前に開発し、今では世界約120カ国で使われる。このアプリの開発秘話は、米国で自閉症の長男を出産した一人の日本人女性の物語でもある。

この記事は有料記事です。

残り2345文字(全文2529文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです