メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

格差の現場から

2019参院選/4止 震災復興 高台とのインフラ差、あえぐ住民 光当たらぬ「元地」 /宮城

旧野蒜駅周辺を見渡せる高台で、被災元地の置かれた現状を語る「野蒜まちづくり協議会」前会長の早川宏さん=宮城県東松島市で

地域の維持へ、国は施策を

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです