メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

ダブル選 あす投開票 舌戦、きょう限り /群馬

参院選選挙区立候補者の訴えを聞く市民ら=群馬県館林市内で

 知事選と参院選は20日、選挙戦の最終日を迎えた。参院選群馬選挙区(改選数1)にはいずれも新人で自民公認の元県議、清水真人氏(44)=公明推薦▽立憲民主公認で野党統一候補の元大学准教授、斎藤敦子氏(51)=国民民主支持、社民推薦▽「NHKから国民を守る党」の前田みか子氏(47)の3人、知事選にはいずれも無所属新人の元小中学校教諭、石田清人氏(62)=共産推薦=と、元参院議員の山本一太氏(61)=自民、公明推薦=の2人が立候補。各候補者は各地で「最後のお願い」に奔走する。【鈴木敦子】

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです