第90回都市対抗野球

JR東、終盤一気に 大歓声が背中押す /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR東日本-ヤマハ】七回表JR東日本2死満塁、長谷川の3点適時三塁打に喜ぶJR東日本の選手たち=東京ドームで、丸山博撮影
【JR東日本-ヤマハ】七回表JR東日本2死満塁、長谷川の3点適時三塁打に喜ぶJR東日本の選手たち=東京ドームで、丸山博撮影

 第90回都市対抗野球大会第7日の19日、10年連続22回目の本大会出場となる東京都・JR東日本が都勢4チームの最後に登場して初戦の2回戦に臨み、浜松市・ヤマハと対戦し、終盤の集中打で7-1と快勝した。都勢は20日、3回戦で明治安田生命が第1試合(午前10時開始予定)で千葉市・JFE東日本と、鷺宮製作所は第3試合(午後6時開始予定)で福山市・倉敷市・JFE西日本とそれぞれ対戦する。【川村咲平、松室花実】

 好機を告げるJR東日本のチャンステーマ「JRファイヤー」がドームに響き渡ったのは、1点を先制された直後の七回。大観衆はここぞとばかりに総立ちで応援タオルを振り回し、スタンドの盛り上がりは最高潮に達した。

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1078文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい