メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

あす投開票 激しい舌戦熱く きょう候補、地盤で訴えへ  /長野

投票所となる会場で投票箱の準備をする長野市職員=同市中御所5の裾花小体育館で

 参院選は21日に投開票される。長野選挙区(改選数1)は、5選を目指す国民民主現職の羽田雄一郎氏(51)=立憲民主、共産、社民支持▽政治団体「労働の解放をめざす労働者党」の新人、斎藤好明氏(69)▽自民新人の小松裕氏(57)=公明推薦▽政治団体「NHKから国民を守る党」の新人、古谷孝氏(43)--が立候補。事実上の与野党一騎打ちの舌戦は熱を帯び、激しい選挙戦を繰り広げる。最終日の20日は羽田氏が上田市、小松氏が長野市と両候補の地盤で支持を訴え、「最後のお願い」に走る。【ガン・クリスティーナ、島袋太輔、坂根真理】

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです