メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

「塩屋家」を国文化財に 県内263件目 明治前期の農家住宅 /岐阜

塩屋家住宅の主屋=岐阜県飛騨市教育委員会提供

 明治前期の農家住宅「塩屋家住宅」(飛騨市古川町)を国の登録有形文化財にするよう、文化庁の文化審議会が19日、文部科学相に答申した。県内の国登録有形文化財(建造物)は263件になる。

 答申は、塩屋家住宅の主屋と土蔵。明治前期に建設され、土蔵は1955(昭和30)年ごろに移築された。塩屋家は近世に名主…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです