メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

コウノトリ飼育用ケージ、国文化財に 豊岡 /兵庫

コウノトリ保護増殖センターで最初に建てられた「約束のケージ」=兵庫県教委提供

 コウノトリの野生復帰のための飼育施設「コウノトリ保護増殖センター」(豊岡市野上)で1965年に初めて建てられた飼育ケージが、国の有形文化財に登録される見通しとなった。県が半世紀以上取り組んでいるコウノトリの保護や繁殖において「先駆的な試みを示す記念的建造物」と評価された。

 同センターは絶滅が危惧された65年に開所。現在は、コウノトリを野生に復帰させるため99年に開設された県立コウノトリの郷公園(同市祥雲寺)の付属施設となっている。県教委文化財課や同園によると、最初のケージは、当時の飼育員らが…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです