メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別企画展

月の石に潜む謎 大田 /島根

アポロ15号が持ち帰った月の石の展示=島根県大田市三瓶町多根の県立三瓶自然館サヒメルで、柴崎達矢撮影

 米宇宙船アポロ11号の月面着陸から今月で50年となるのを記念した夏の特別企画展「今こそ知りたい月のなぞ」が、大田市三瓶町多根の県立三瓶自然館サヒメルで開かれている。9月29日まで。

 アポロ15号が1971年に持ち帰った月の石、旧ソ連の無人月探査機が70~76年に持ち帰った月の砂、アポロ17号で使わ…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです