メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
芦辺七夕展

開幕 墨の濃淡、深く堪能 福山 /広島

 芦辺書苑主催の第62回芦辺七夕展(毎日新聞福山支局、県教委、福山・府中・尾道各市教委など後援)が19日、福山市船町のウエスギ福山店5階で開幕した。

 応募の全作品5796点のうち特別賞と奨励賞を壁に展示し、金賞と銀賞を陳列している。出品者本人や、出品した児童・生徒の保護者らが早速訪れた。

 福山市内の教室で教える生徒が毎日新聞社賞に輝いた芦辺書苑副理事長の高橋影子さん(68)は「墨の濃い薄いをうまく使い分けてくれて良かった。出品された皆さんは勉強のため他の方の作品もじっくり見てほしい」と話した。21日までの午前10時~午後6時(最終日は午後5時)。無料。【高村洋一】

この記事は有料記事です。

残り2294文字(全文2579文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです