アサヒグループHD

豪ビール大手買収 1.2兆円、海外収益を強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アサヒグループホールディングス(GHD)は19日、オーストラリアのビール最大手カールトン&ユナイテッドブリュワリーズ(CUB)などを買収することで合意したと発表した。買収額は160億豪ドル(約1兆2000億円)。アサヒの企業買収としては過去最大で、2020年3月末までに手続きを完了する予定。国内ビール市場が縮小する中、海外展開を加速して収益基盤の強化を狙う。

 日本企業による近年の海外企業買収では、武田薬品工業による欧州医薬品大手シャイアーの買収(約6・2兆円)や、ソフトバンクグループによる英半導体設計大手ARMホールディングスの買収(約3・3兆円)などに続く規模となる。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文643文字)

あわせて読みたい

注目の特集