メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

サンマ漁獲枠55万トン 合意優先、資源回復遠く

 日本や中国、台湾など8カ国・地域がサンマの資源管理について、北太平洋全体で年約55・6万トンを上限とする漁獲枠の導入で合意した。日本ではサンマの漁獲量が急減しており、漁獲規制の導入に漁業者らから安堵(あんど)の声が上がる。ただ、今回は合意を優先したため、漁獲枠は当初の日本案から大幅に上積みされたうえ、各国・地域別の漁獲枠の設定は難航が予想され、秋の味覚を代表するサンマの資源回復はなお見通すことはできない。【神崎修一、平山公崇】

 「いろいろなせめぎ合いの結果だ」。東京を会場にサンマの資源管理について話し合った「北太平洋漁業委員…

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2317文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです