メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

京アニ放火事件 炎、上階まで一気に 爆燃現象か 一瞬で真っ黒

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火された事件は、34人が死亡、容疑者の男を除く34人が重軽症で、平成以降で最悪の惨事となった。火はなぜ一気に燃え広がり、これほど多くの死傷者が出たのか。現場の被害状況などから火災のメカニズムを探った。

 「建物は全部真っ黒で、見ていて耐えられなかった」

 火災から一夜明けた19日午前、京都府警と京都市消防局の現場検証に立ち会った京都アニメーションの八田英明社長は報道陣の取材にそう漏らした。2007年に新築された鉄骨3階建てのスタジオは延べ約690平方メートルが全焼。1階にいた社員は出火時について、「一瞬で真っ黒になり、何が起きたか分からなかった」と八田社長に話した。

この記事は有料記事です。

残り2525文字(全文2843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです