メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
昭和史のかたち

政治家の回想録=保阪正康

時計回りに上から石橋湛山、前尾繁三郎、藤山愛一郎

歴史の審判を受ける義務

 政治家の自伝、あるいは回想録を努めて読んできた。私の読んだ範囲で、昭和期のものからあえてベストスリーを選べと言われたら、次の3冊をあげたい。

 (1)前尾繁三郎「政の心」

 (2)藤山愛一郎「政治わが道」

 (3)石橋湛山「湛山回想」

 この他にも印象に残る自伝、回想録はある。それでも特にこれらをあげるのは、3人とも政治家として自らの信念を通した人物だからだ。前尾(1905~81年)は衆院議長、藤山(1897~1985年)は外相を務めたが、首相にはならなかった。石橋(1884~1973年)にしても昭和31~32(56~57)年にわずか60日余の期間だけ首相となったに過ぎない。

 3人とも派閥を率いたにしても、権力を求めてギラギラしているタイプではなかった。どこか悠然と、そして…

この記事は有料記事です。

残り1680文字(全文2029文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです