メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

ゼロを1にする仕事=編集委員・元村有希子

 自然を愛した昭和天皇は、優れた科学者でもあった。陵墓には顕微鏡が副葬されたと聞く。その天皇が戦前から戦後にかけて採集した生物標本の一つが昨年、「106年ぶりの新種発見」として注目を浴びた。

 論文を書いたのは岡西政典・東京大特任助教(36)。深海にすむ棘皮(きょくひ)動物、テヅルモヅルの専門家である。

 「謎の生物」に胸をときめかせる子どもだった。その謎を解き明かし、名前を与える分類学の道に進んだ。だ…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです