メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

ゼロを1にする仕事=編集委員・元村有希子

 自然を愛した昭和天皇は、優れた科学者でもあった。陵墓には顕微鏡が副葬されたと聞く。その天皇が戦前から戦後にかけて採集した生物標本の一つが昨年、「106年ぶりの新種発見」として注目を浴びた。

 論文を書いたのは岡西政典・東京大特任助教(36)。深海にすむ棘皮(きょくひ)動物、テヅルモヅルの専門家である。

 「謎の生物」に胸をときめかせる子どもだった。その謎を解き明かし、名前を与える分類学の道に進んだ。だが分類学は、巨額の利益を生むような価値観とは無縁だ。公募制の競争的研究費にも恵まれず、年10万円ほどでやりくりする日々が続いていた。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです