メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アサヒグループHD

勝負の一手 豪ビール買収 巨額損失リスクも

アサヒグループ本社ビル(中央)。右はスーパードライホール、左は東京スカイツリー=東京都台東区で、宮武祐希撮影

 アサヒグループホールディングス(GHD)が約1兆2000億円を投じてビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ、ベルギー)の豪州事業を買収するのは、海外の成長市場に活路を見いだす狙いがある。海外事業の拡大には巨額損失のリスクも伴うが、アサヒにとって過去最大となる買収で勝負を仕掛ける。【和田憲二、本橋敦子】

 ビールは、アサヒなど国内飲料大手が主力とする酒類事業の中でも中核となる商品だが、国内市場は少子高齢…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1224文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです