メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中閣僚級電話協議

通商問題 「対面」再開模索か

 米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官は18日、中国の劉鶴副首相と電話協議をした。

 6月末の首脳会談で貿易戦争の「一時休戦」で合意した後、閣僚級による電話協議は2度目。5月から中断している対面協議の再開時期などを巡り意見交換した模様だが、米中の対立は再び激化しつつあり、事態が収束に向かうか予断を許さない状況だ。

 ロイター通信によると、ムニューシン氏は記者団に「対面協議の実現を期待している」と述べた。月内にも対…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文625文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです