イラン

「無人機破壊されず」 米発表と食い違い ホルムズ海峡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で米軍の強襲揚陸艦「ボクサー」に至近距離まで迫ってきたイランの無人機を破壊したと発表した。再三の警告を無視し、約900メートルまで接近したため、自衛措置に踏み切ったという。これに対しイランのアラグチ外務次官は19日、「我々はホルムズ海峡やその他の海域で、いかなる無人機も失っていない」とツイッターに投稿し、米国の発表内容を否定。最近は同海峡周辺で起きたタンカー攻撃事件などでも米国とイランの主張は食い違っており、「非難合戦」の様相も呈している。

 米国防総省は「ボクサーは現地時間18日午前10時ごろ、ホルムズ海峡の公海を航行していた」と明かし、「艦艇と乗組員の安全確保のため防御的行動を取った」と説明。米メディアによると、近づいてきた無人機を敵のものと識別した場合、妨害電波を出して無人機を制御不能に陥らせ、墜落させる最新鋭のシステムを使用した可能性があるという。一方のイラン側は「ボクサーは誤って自国の無人機を破壊したのではないか」(アラグチ…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文805文字)

あわせて読みたい

ニュース特集