メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

「無人機破壊されず」 米発表と食い違い ホルムズ海峡

 トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で米軍の強襲揚陸艦「ボクサー」に至近距離まで迫ってきたイランの無人機を破壊したと発表した。再三の警告を無視し、約900メートルまで接近したため、自衛措置に踏み切ったという。これに対しイランのアラグチ外務次官は19日、「我々はホルムズ海峡やその他の海域で、いかなる無人機も失っていない」とツイッターに投稿し、米国の発表内容を否定。最近は同海峡周辺で起きたタンカー攻撃事件などでも米国とイランの主張は食い違っており、「非難合戦」の様相も呈している。

 米国防総省は「ボクサーは現地時間18日午前10時ごろ、ホルムズ海峡の公海を航行していた」と明かし、…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  3. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです