メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
検証

鉄剤注射不適切使用、陸連が対策 高校駅伝、血液検査義務化

 12月22日開催の男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)の実行委員会が19日、大阪市内で開かれ、貧血対策に有効とされる「鉄剤注射」が不適切使用されている問題を受けて、今大会から代表校の全出場選手に血液検査結果を報告させるなどの具体的対策を決めた。出場選手は大会後に血液のヘモグロビン濃度など5項目の検査結果を日本陸連に提出し、虚偽申告や不申告があった場合は順位の剥奪などの措置を取る可能性がある。指導現場は競技の公平性が保たれるとして血液検査の実施を歓迎する一方、違反の立証の曖昧さを懸念する声も上がる。【伝田賢史、長宗拓弥、小林悠太】

 「荒業だが、選手の健康を守り、(将来の)競技生活を保障するには不公平があってはならない」

この記事は有料記事です。

残り2916文字(全文3254文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです