メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲の司書

国会図書館採用試験に合格 視覚障害者の読書サポート

国立国会図書館の職員採用試験に合格した全盲の杉田正幸さん=大阪市内で

 今年度の国立国会図書館の障害者対象職員採用試験に、大阪府立中央図書館(東大阪市)の司書で全盲の杉田正幸さん(48)=大阪市生野区=が合格した。国会図書館の採用試験で全盲の人の合格は初めて。国会図書館での勤務は早ければ年明けの見通しで、「障害当事者の立場から、国会図書館の役割の一つである、視覚障害者らへのサービス充実に力を尽くしたい」と意気込んでいる。【平井俊行】

 杉田さんは埼玉県出身。生まれつき弱視で、中学生の時に視力を失った。盲学校を卒業後、マッサージ師の仕事に就いたが、もともと読書が好きで、「視覚障害者ら図書館サービスを十分に利用できない人のための仕事がしたい」と考え、近畿大の通信教育で図書館司書資格を取った。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです