全盲の司書

国会図書館採用試験に合格 視覚障害者の読書サポート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立国会図書館の職員採用試験に合格した全盲の杉田正幸さん=大阪市内で
国立国会図書館の職員採用試験に合格した全盲の杉田正幸さん=大阪市内で

 今年度の国立国会図書館の障害者対象職員採用試験に、大阪府立中央図書館(東大阪市)の司書で全盲の杉田正幸さん(48)=大阪市生野区=が合格した。国会図書館の採用試験で全盲の人の合格は初めて。国会図書館での勤務は早ければ年明けの見通しで、「障害当事者の立場から、国会図書館の役割の一つである、視覚障害者らへのサービス充実に力を尽くしたい」と意気込んでいる。【平井俊行】

 杉田さんは埼玉県出身。生まれつき弱視で、中学生の時に視力を失った。盲学校を卒業後、マッサージ師の仕事に就いたが、もともと読書が好きで、「視覚障害者ら図書館サービスを十分に利用できない人のための仕事がしたい」と考え、近畿大の通信教育で図書館司書資格を取った。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文742文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集