メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
子宮頸がんワクチン訴訟

12人が3次提訴

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種で健康被害が生じたとして、患者らが国と製薬会社2社に損害賠償を求めた集団訴訟で、新たに12人が19日、大阪、東京両地裁に3次提訴した。原告は全国4地裁で計132人となった。

 患者側弁護団によると、提訴したのは18~25歳の女性で、大阪地裁3人、東京地裁9人。2010年9月~13年4月に…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです