メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

『流転の海』完結 作家・宮本輝さんの巻

「流転の海」について話す桂南光さん(左)と作家の宮本輝さん=兵庫県伊丹市で

 『流転の海』シリーズ(新潮社)は、宮本輝さんが37年をかけてつづった7000枚の大河小説。自身の父がモデルの主人公・松坂熊吾の波乱に満ちた人生を中心に、終戦直後からの20年を懸命に生き抜いた人々を描く全9巻の物語は、昨年10月刊行の『野の春』で完結しました。同シリーズをはじめ、長年、宮本文学を愛読してきた桂南光さんが、現代を代表するストーリーテラーの魅力に迫ろうと、兵庫県伊丹市の閑静な住宅街にある自宅を訪ねました。【山田夢留、写真・梅田麻衣子】

この記事は有料記事です。

残り2662文字(全文2887文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  5. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです